こんにちは! Web心理マーケターの鈴木 公(@KouShinri)です!

 

「Tableau」だけに限らず、他のBIツールやExcelでも最初の入門として取り上げられることが多い「ヒートマップ」

この「ヒートマップ」は、各データの良し悪しや強弱を可視化できるツール。資料としてもスッキリして見栄えもよく、ビジネス面で多く利用されていますよね。

では、「Tableau」ではどのようにしたら「ヒートマップ」を作ることができるのか?

ということで今回は、「Tableau」で「ヒートマップ」を表示する方法を、簡単な3ステップ形式でご紹介していきます。

なお、今回使用するデータも、一般的に知られている「サンプル・スーパーストア」です。

このデータを基に、早速、「ヒートマップ」の簡単な作り方3ステップを見ていきましょう!

「ヒートマップ」の簡単な作り方3ステップとは?

①表示させたい項目を選択する

まず最初に、「ヒートマップ」に表示させたい項目「Ctrl」キーを押しながら選択しましょう。これで複数選択できますね。

Tableauでヒートマップの作り方! 初心者にも簡単な3ステップ

今回の例では、ディメンションから「受注日」と「地域」を、メジャーから「単価」を選びました。これで、「受注日」と「地域」で分類された「単価」による「ヒートマップ」ができますね。

②「表示形式」の中の「ヒートマップ」をクリックする

複数の選択が完了したら、「表示形式」の中の「ヒートマップ」をクリックします。

Tableauでヒートマップの作り方! 初心者にも簡単な3ステップ

なお、ここで表示されているように、「表示形式」から「ヒートマップ」のショートカットをするには、ディメンションが1つ以上、メジャーが1~2個必要になります。併せて、覚えておきたいですね。

さて、「ヒートマップ」をクリックしたら、下の図ができました。

Tableauでヒートマップの作り方! 初心者にも簡単な3ステップ

かなり細かく、見にくい図となっていますね。今回は、可視化しやすいように「受注日」の基準を「月」に変更しました。

Tableauでヒートマップの作り方! 初心者にも簡単な3ステップTableauでヒートマップの作り方! 初心者にも簡単な3ステップ

これで月別になりましたね。だいぶ見やすい図となりました。

③メジャーを「色」にドラッグ&ドロップする

最後に、「マーク」の中の「メジャー項目」「色」へドラッグ&ドロップとしましょう。

Tableauでヒートマップの作り方! 初心者にも簡単な3ステップ

今回の例では、「合計(単価)」を「色」へドラッグ&ドロップしました。その結果が下の図です。

Tableauでヒートマップの作り方! 初心者にも簡単な3ステップ

これで、「ヒートマップ」の基本が完成です!

とても簡単にできましたね。ちなみに、「色」にドラッグ&ドロップしても「ヒートマップ」化されない場合は、ドロップダウンの中から「□ 四角」を選べば大丈夫です。

Tableauでヒートマップの作り方! 初心者にも簡単な3ステップ

おまけ:「色の編集」をしてみよう

先ほど完成した「ヒートマップ」は青系色のみで、味気なさが感じられる図でしたね。

なので、「色の編集」にある「パレット」などを変更・設定して、より見やすい色合いにしていきましょう。

Tableauでヒートマップの作り方! 初心者にも簡単な3ステップ

今回は、「パレット」の中から「赤青の分化」にして、色も9段階表示にしてみました。その結果が下の図です。

Tableauでヒートマップの作り方! 初心者にも簡単な3ステップ

1つの系統色よりも2つになったことで、比較しやすい「ヒートマップ」となりましたね。

最後に簡単ながら、他の書式も追加・編集・変更をしてみました。

Tableauでヒートマップの作り方! 初心者にも簡単な3ステップ

まとめ

今回は、「Tableau」で「ヒートマップ」を作る方法を簡単な3ステップ形式でご紹介しました。

もちろん、書式設定までも含めると、もう少しステップとして多くなりますが、そもそもの基本形は比較的簡単に作ることができましたね。1分も掛からずに、グラフ化することができることでしょう。

さて、今回の使い方をもう一度振り返ってみると、

「ヒートマップ」の簡単な作り方3ステップ
  1. 表示させたい項目を選択する
  2. 「表示形式」の中の「ヒートマップ」をクリックする
  3. メジャーを「色」にドラッグ&ドロップする

この3つのステップを通して、可視化した「ヒートマップ」を作ることができましたね。

今回の記事を通して、あなたのビジネスや経営関連分析において、少しでも売上アップ・時間削減等に繋がれば嬉しい限りです。