こんにちは! Web心理マーケターの鈴木 公(@KouShinri)です!

 

「Tableau」でデータを扱っている中でも、使うことが比較的多い「散布図&傾向線」

この「散布図と傾向線」は、統計的なデータを見る上でも分布図として使うことが多く、分析側としてもやはり必需となるチャートですよね。

では、「Tableau」で「散布図&傾向線」を作成するにはどうしたらいいのか…??

ということで今回は、「Tableau」で「散布図&傾向線」を作る簡単な方法をご紹介していきます。

なお、今回使用するデータは、一般的に知られている「サンプル・スーパーストア」です。

このデータを基に、早速、「Tableau」での「散布図&傾向線」の作り方を見ていきましょう!

「散布図」の簡単な作り方3ステップ

①メジャーから項目を選択する

まず最初に、メジャーから「散布図」にしたい項目「Ctrl」キーを押しながらクリックしましょう。

Tableauで簡単に!散布図・傾向線の作り方3ステップ

今回の例では、「利益」と「売上」を選択しました。

②表示形式から「散布図」をクリックする

次に、「Tableau」の画面右上付近にある「表示形式」から、「散布図」をクリックします。

Tableauで簡単に!散布図・傾向線の作り方3ステップ

すると、もうすでに「散布図」の原型となるチャートが完成しましたね。今回の結果では、下の図のようなチャートになりました。

Tableauで簡単に!散布図・傾向線の作り方3ステップ

③ディメンションから項目を選択する

次に、ディメンションの中から、詳細を見たい項目を選択し、図へドラッグ&ドロップしましょう。

Tableauで簡単に!散布図・傾向線の作り方3ステップ

今回は、「顧客名」別で見ることにしました。これで、「顧客別」に詳細化した散布図ができますね。

完成!!

Tableauで簡単に!散布図・傾向線の作り方3ステップ

これで「散布図」の完成です!

なお、上の図では見やすいように、メジャーの「売上」を「ラベル」に入れ、各分布の「売上高」が分かりやすいように表示させてみました。詳しく見たい情報に合わせて、数字なり色なりを変更させていきましょう。

「傾向線」の簡単な作り方とは?

さて、ここからは「傾向線」の作り方です。

先ほどの「顧客名」別に分けた「散布図」を基に進めていきます。

①「色」で分ける

最初に細分化する意味も含めて、ディメンションの中から詳しく見たい項目マークの「色」にドラッグ&ドロップしましょう。

Tableauで簡単に!散布図・傾向線の作り方3ステップ

今回の例で言うと、「製品カテゴリー」で細分化することにしました。

綺麗な3色に分けられましたね。もちろん、ここで「色」の編集をしても良いかもしれませんね。

②「傾向線」から「線形」を選ぶ

次に、「アナリティクス」のタブの中から、「傾向線」を選び、表示されたウィンドウの「線形」へとドラッグ&ドロップしましょう。

Tableauで簡単に!散布図・傾向線の作り方3ステップ

完成!!

Tableauで簡単に!散布図・傾向線の作り方3ステップ

これで、「傾向線」が完成ですね!!

この「Tableau」で作る「傾向線」の良いところは、選択した点に合わせて自動的に「傾向線」を引いてくれるところです。

ちなみに、今回できた図の中から適当にドラックし、複数の点を選択した状態したら自動的に「傾向線」を引いてくれました。その結果が下の図です。

Tableauで散布図を作る簡単な3ステップ!傾向線の作り方も

複数の点に合わせた「傾向線」が自動的にできるので、やはり使い勝手が良いですよね。

まとめ

今回は、「Tableau」で「散布図&傾向線」を作る簡単な方法をご紹介しました。

もちろん、他にも作成する方法もありますし、加えてフィルターで絞ることも大事になってきますが、基本となる手順さえ覚えてしまえば、後は応用です。

さて、今回の作り方をもう一度振り返ってみると、

「Tableau」で「散布図」を作る3ステップ
  1. メジャーから項目を選択する
  2. 表示形式から「散布図」をクリックする
  3. ディメンションから項目を選択する

この3つのステップで、簡単に「散布図」を作ることができましたね。

今回の記事を通して、あなたのビジネスや経営関連分析において、少しでも売上アップ・時間削減等に繋がれば嬉しい限りです。