こんにちは! Web心理マーケターの鈴木 公(@KouShinri)です!

 

面積の大小や色分けによって、視覚的にグループ分けを可能としてくれる「ツリーマップ」

階層別やクラスタリングを含め、グループ分けが必要なデータ分析をしていく上でも使われることが多く、今後も業界によっては必需となるグラフ(図)の1つとも言えますよね。

そんな「ツリーマップ」を「Tableau」でも表示させるにはどうしたらいいのか?

ということで今回は、「Tableau」で「ツリーマップ」を作る簡単な3ステップをご紹介していきます。

なお、今回使用するデータも、一般的に知られている「サンプル・スーパーストア」です。

このデータを基に、早速、「Tableau」で「ツリーマップ」を簡単に作るための使い方を見ていきましょう!

「Tableau」で「ツリーマップ」を作る3ステップ

①表示したい項目を選択する

まず最初に、表示したい項目を選択しましょう。

Tableauでツリーマップ!初心者にも簡単な作り方3ステップとは?

ちなみに、「ツリーマップ」を表示するためには、ディメンションの中から1つ以上、メジャーの中から1~2つの選択が必要になってきます。

なお、今回の例では、「製品サブカテゴリー」と「売上」をそれぞれ選びました。

②「ツリーマップ」をクリックする

次に、選択した状態で、「Tableau」の右上付近にある「表示形式」の中の「ツリーマップ」をクリックしましょう。

Tableauでツリーマップ!初心者にも簡単な作り方3ステップとは?

すると、「ツリーマップ」の基本となる図がシートの中に表示されましたね。それが下の図です。もうこの時点で、ほぼ完成型に近いですね。

Tableauでツリーマップ!初心者にも簡単な作り方3ステップとは?

③「ラベル」で数値化してみる

最後に、「売上」「マーク」の中の「ラベル」へとドラッグ&ドロップをしましょう。

Tableauでツリーマップ!初心者にも簡単な作り方3ステップとは?
こうすることで、「ツリーマップ」で表示されている「長方形の大きさ」の数値が分かるようになりますね。

もちろん、この③は必須ではないですし、他のメジャーを利用して数値化したり、詳細化したりするのも良いですよね。今回のサンプルでは、各長方形の「売上金額」を数値化してみました。

「ツリーマップ」の完成!!

Tableauでツリーマップ!初心者にも簡単な作り方3ステップとは?

さて、これで「ツリーマップ」の完成です!

今回の「ツリーマップ」も簡単に表示することができましたね。

ちなみに、この「ツリーマップ」に対して、他のディメンションやメジャーの項目を加えることで、より詳細レベルで、なおかつ色付き表示も簡単にできます。それが次のステップです。

他の項目も加えて色が詳細に!

①「製品カテゴリー」を加えた結果…

今回のサンプルでは、ディメンション内の「製品カテゴリー」を「ツリーマップ」に加えてみました。

Tableauでツリーマップ!初心者にも簡単な作り方3ステップとは?
「赤・青・黄色」の3色で自動的に分けられ、各カテゴリー別の合計売上高も可視化しやすくなりましたね。

②「利益」を加えた結果…

今度は、メジャーの中の「利益」を加えてみました。

Tableauでツリーマップ!初心者にも簡単な作り方3ステップとは?

こちらは、サブカテゴリー別における「利益」の良し悪しが簡単に見分けることができましたね。

もちろん、色についても「マーク」の中の「色」から編集することで変えられるので、利益の場合は「赤・青」の2色を基準にしてみるのが良いですよね。

このように、簡単に作ることができた「ツリーマップ」に、部門別や金額を加えることで、より詳しい内容でありながら可視化しやすい図を作ることができましたね!

まとめ

今回は、「Tableau」で「ツリーマップ」を作る簡単な3ステップをご紹介しました。

もちろん、この作成できた「ツリーマップ」に対して、カテゴリーで分けたり、国で分けたりすることを加えると色別にも自動的に分けられるので、より詳細なレベルで見分けることができますよね。

さて、今回の使い方をもう一度振り返ってみると、

「Tableau」で「ツリーマップ」を作る簡単な3ステップ
  1. ①表示したい項目を選択する
  2. ②「ツリーマップ」をクリックする
  3. ③「ラベル」で数値化してみる

この3つのステップを通すことで、簡単に「ツリーマップ」を作ることができましたね。

今回の記事を通して、あなたのビジネスや経営関連分析において、少しでも売上アップ・時間削減等に繋がれば嬉しい限りです。