こんにちは! Web心理マーケターの鈴木 公(@KouShinri)です!

 

頻度や割合の大きい順に表示された棒グラフと、その累積構成比を表す折れ線グラフが組み合わさった「パレート図」

この「パレート図」は品質管理面で重要な「QC七つ道具」の1つでもあり、また、ABC分析や80:20の法則などのグラフの基本として使われることも多いですよね。

そんな「パレート図」も、「Tableau」ではどのような操作を通して表示すれば良いのか?

ということで今回は、「Tableau」で「パレート図」を作成するための方法を5ステップ形式でご紹介していきます。

なお、今回使用するデータも、一般的に知られている「サンプル・スーパーストア」です。

このデータを基に、早速、「パレート図」の簡単な作り方5ステップを見ていきましょう!

「パレート図」の簡単な作り方5ステップとは?

①表示したい項目を「降順」で並べる

まず最初に、「パレート図」に表示したい項目「列・行」にそれぞれ入れましょう。

今回の例では、「列」には「製品名」を、「行」には「売上」を入れました。これで、「製品名別の売上」のパレート図を作っていきます。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

なお今回は「製品名」の数が多いので、シート内に全要素を表示させるためにも「ビュー全体」の表示形式に変更しました。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

「ビュー全体」に設定した上で、ヘッダーの「売上」上部にある「降順」ボタンをクリックします。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

これで、「製品名別の売上」に対して、「降順表示」ができましたね。下のような図になれば、次のステップに進みましょう。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

②「行」でコピーする

次に、「行」にある「合計(売上)」を「Ctrlキー」を押しながら横にドラッグ&ドロップし、「行」に同じグラフを複製します。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

すると、下の図のように、同じ降順にしたグラフが2つ並びましたね。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

次に、下のグラフの表示タイプを「線」に変更します。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

すると、2種類のグラフが上下に並ぶ表示形式となりました。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

③「表計算の編集」で設定する

次に、先ほど「線」に表示変更したグラフに対して、「累計」設定をします。

今回の例では、「列」にある右側の「合計(売上)」を右クリックし、「簡易表計算」の中にある「累計」をクリックしましょう。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

「累計」設定ができたら、今度は「表計算の編集」をしていきます。

先ほどと同じように、「列」にある右側の「合計(売上)」を右クリックし、「表計算の編集」をクリックしましょう。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

すると、下図のようなウィンドウが新しく表示されます。

左下の「セカンダリ計算の追加」にチェックを入れ、右側に表示された「セカンダリ計算タイプ」の中から「合計に対する割合」を選択しましょう。

なお、「特定のディメンション」への選択変更は必要ありませんが、今回は分かりやすいように設定しました。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

さて、設定し終わりウィンドウを閉じると、下の図のように「積み上げ形式」へとグラフが変更しました。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

この2つのグラフの確認ができたら、次のステップへと進みましょう。

④「二重軸」に設定する

先ほどできた2つのグラフを重ねていきます。

「列」にある右側の「合計(売上)」を右クリックし、「二重軸」をクリックしましょう。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

すると下の図のように、2つのグラフが1つにまとまりましたね。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

なお、降順に並び替えた「合計(売上)」のグラフが、点のようなグラフになっています。これを含めて、最後のステップで変更していきます。

⑤「エリア」への表示変更や「定数線」などを設定する

さて、最後のステップです。

まず最初に、降順に並び替えた「合計(売上)」のグラフに対して、「マーク」の中にある表示形式を「エリア」に変更しましょう。それに加えて、「色の編集」も設定し、今回は青色と橙色に変更しました。

なお、「色」については分かりやすい方が良いですが、もちろんダッシュボード化する場合も考えて、他のシートに合わせた配色も大切ですね。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

続いて、「定数線」の設定もしていきましょう。「アナリティクス」の中にある「定数線」をシートへドラッグ&ドロップします。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

ドラッグ&ドロップした後に、値の入力画面が表示されます。

今回は「80%」に線を引きたいために、「0.8」に設定しました。

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

「パレート図」の完成!!

Tableauでパレート図の簡単な作り方! ABC分析グラフの基本を作ろう

これで、「Tableau」で作る「パレート図」の完成です!!

今回の例では、「どの製品群が売上への貢献度が高いのか?」ということも含め、可視化しやすいチャートとなりましたね。

まとめ

今回は、「Tableau」で「パレート図」を作成するための方法を簡単な5ステップ形式でご紹介しました。

もちろん、今回の「パレート図」はABC分析寄りのグラフであり、80:20の法則向けの「パレート図」ではありません。そのため、80:20の法則用の「パレート図」を、また次の機会にご紹介できればと思います。

では、今回の作り方をもう一度振り返ってみると、

「パレート図」の簡単な作り方5ステップ
  1. 表示したい項目を降順で並べる
  2. 「行」でコピーする
  3. 「表計算の編集」で設定する
  4. 「二重軸」に設定する
  5. 「エリア」への表示変更や「定数線」などを設定する

この5つの手順を基本的に通すことで「パレート図」を作成することができましたね。

今回の記事を通して、あなたのビジネスや経営関連分析において、少しでも売上アップ・時間削減等に繋がれば嬉しい限りです。